よくある質問 | 持病があっても入れる保険 - 引受緩和型 医療保険

持病があっても入れる保険 健康に不安のある方向けの保険情報をお届けします

よくある質問

健康保険に加入している人は、1ヶ月あたりの医療費の、負担限度額が決まっている

持病があっても入れる医療保険を探している人は「入院、通院をする可能性が高いから、保障を確保しておきたい」と思っているかもしれません。

ここで注意しておきたいことは「健康保険に加入している人は、1ヶ月あたりの医療費の、負担限度額が決まっている」ということです。
通院・入院を繰り返す人は、医療費がかさみがちですが「負担限度額を超えて、医療費がかさむことはない」のです。

一方で、健康な方と比べると、持病があっても入れる医療保険に加入する方が、月々に負担する保険料は高くなります
このことに注意して「必要最小限の保障を得られるようにすれば、あとは高すぎる保険料を負担することがないよう、気を配るほうが良いのだ」と知っておきましょう。

持病があるからと、必要以上の保障を得ようとすると、その分だけ保険料が高くなってしまいます。

月々の負担限度額に関しては、ご本人の収入などによって変わってきますので、ファイナンシャルプランナーに試算してもらうのも、良い方法だと思いますよ。

持病があっても入れる医療保険には、いくつかの契約の方法があります。

無選択型医療保険」というのは、保険料が高くなることと、既往症については保障されないという注意点があることから、もし他のタイプの契約ができるのならば、そちらに切り替えるほうが得策と言えます。

告知緩和型医療保険」は、「現在、入院を医師より勧められていないか?」「過去2年以内に入院、手術がないか?」「過去5年以内にガンと診断されてないか?」などの条件をクリアすれば加入できるものです。
この条件は、保険会社によって異なりますが、無選択型医療保険に比べて、保障内容が充実しています。

医療保険で「病気部位不担保」の条件がつくタイプは、病気の部位を不担保とすることによって、医療保険に加入できるというものです。

また、医療保険で「保険料割増」をすることで加入できるものもありますが、保険料が二倍近くになるなど、かなり高額にのぼるケースもあります。

持病があっても入れる医療保険は、原則として通販型のものがありませんので、ファイナンシャルプランナーなどに相談しながら、どの保険が良いか選ぶようにしましょう。

かつて「持病がある人は、医療保険に加入できない」というイメージがありましたが、最近は持病があっても加入できる保険があります。

たとえば

<引受基準緩和型保険>

・オリックス生命の引受基準緩和型医療保険『キュアサポート』
・アフラックの健康に不安がある人も入りやすい医療保険『新やさしいEVER』

<無選択型保険>

・エース保険の無選択型医療保険『まかせて安心医療保険』
・アフラックの無選択型終身保険『どなたでも』

などはその例です。

一般に、無選択型保険のほうが保険料が高額になり、簡単な告知はありますが引受基準緩和型保険のほうが保険料が安くなる傾向があります。
持病がある人というのは、仕事を続けられるかという不安を抱えている方も多いでしょう。

そのため「できれば引受基準緩和型保険を選び、それでも加入できなかった場合に、無選択型保険を選ぶ」という方法で、できるだけ保険料支払いの不安をなくしておくほうが良いですね。

また、私たちは医療保険だけに加入すれば良いのではなく、他の保障も確保しておく必要がありますので、ファイナンシャルプランナーに相談しながら、保障のバランスを考えていくと安心だと、私は思います。

Q.引受緩和型医療保険とは?

A.引受緩和型医療保険とは、健康状態に問題があって医療保険に入れなかった方も、簡単な告知で申し込めるために、加入がしやすい保険です。

「最近の3ヵ月以内に、医師による検査または診察により、入院・手術を勧められたことがない」
「過去2年以内に病気やケガで入院した、手術を受けたということがない」
「過去5年以内に、ガンまたは肝硬変と医師に診断されたことがなく、過去にガンで入院または手術を受けたことがない」

などの条件を満たす人は、引受緩和型医療保険になら加入できる可能性があります。

健康状態に心配があって保険に加入ができなかった人は「無選択型保険(告知を必要としない保険)」に加入せざるを得ない時期もあったのですが、無選択型保険のほうが保険料が割高の傾向がありました。しかしながら、引受緩和型医療保険ならば、より割安な保険料で、医療保険に加入をすることができるのです。

治療を受けている人にこそ、医療保険は必要だと私は思いますので、ぜひファイナンシャルプランナーに相談してみましょう。

Q.通院した場合の保障は?

A.医療保険にも「通院特約」「通院補償」をつけることができる商品はあります。

ただ、特約をつけるということは、保険料がそれだけかさむことになります。
そして、医療保険の通院特約をつけて「元が取れる」のは、何十回も通院してやっとという感じだと言われていますので、よく考えるほうがいいでしょう。

一方で、がん保険に関しては話が違ってきます。
がん治療というのは、入院して行うとは限らず、通院しながら行うこともできる時代ですし、通院の頻度もかなりの回数になり、治療期間も年単位になることもあるのです。
また1度の治療にかかる費用も、他の病気に比べて多額にのぼります。
そこで、がん保険に関しては、通院の場合でも保険金を受け取れる保険に入ったほうが安心と言えます。

がん治療の研究は飛躍的に進んでいますので、がん保険に詳しいファイナンシャルプランナーと長くお付き合いしながら、がん保険や医療保険の見直しをしていくと良いですね。

がんを含め、様々な病気になった場合に「短期間ならば、有給休暇を利用する」という方法が考えられ、この方法ならば収入が途絶えるということを、気にしなくて済みます。

そこで、治療が長引くことの多いがんについて、まずはがん保険に加入しておく人が、増えているのですが、一つ注意点があります。

会社員や公務員の方は、加入している健康保険から「傷病手当金」というものが、最長で1年6ヶ月受け取ることができます。
このことを勘案して、民間の保険でカバーする内容を決定しないと、保険料が無駄に高くなってしまうので、注意が必要なのです。

自営業者の方は、国民健康保険に傷病手当金がありませんので、収入が途絶える部分をどうカバーするか、より真剣に考える必要があります。

がん保険でカバーする内容を充実させるのか、あるいは所得補償保険などを活用するのか、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談して、最適な方法を探していきましょう。

Q.傷病手当金制度とは?

A.健康保険に加入している人は「傷病手当金制度」を利用することができます。
傷病手当制度とは、がんをはじめ病気、怪我などが理由で長期にわたり休職をした場合に、収入が得られなくなりますので、一定の支給が受けられる制度です。

仕事を休んだ4日目以降、1日にあたり「標準報酬日額の6割」が支給されます。
傷病手当金を受け取ることができる最大の期間は「1年6ヶ月(18ヶ月間)」であり、通院・入院だけでなく自宅での療養期間も含まれます。

仕事を休んだ場合でも、支給が受けられるのはありがたいことなのですが、がん治療の場合には、治療費が高額になりますので、収入が減ってしまうことは、大きな痛手となります。そのため、がん保険に入っておくメリットは大きいのです。

一方で、医療保険に加入するのとは違って、傷病手当金制度の利用は、新たに保険料を払い込む必要がありませんので、なるべくなら活用すべきです。

この制度と、いくばくかの貯蓄があるならば、医療保険の加入は見送っても良いかもしれませんが、がん保険については、そういうわけには行きませんので、この制度をしった上で加入を検討しましょう。

Q.がん保険や医療保険は、必ず必要?

A.がん治療や、その他の医療の常識が、10年前と今とでは大きく変わりつつあり「早期退院、早期社会復帰」を目指す方向へとシフトしています。

しかしながら「がんにかかった人の社会復帰は、困難を伴う」という現実があります。
がん患者の生存率は上がっているのですが、社会の側に復帰への理解がまだない、という難しい現実があるため、社会復帰をしても収入が減ってしまう人のほうが多く、元の会社では働けないというケースもあるのが、残念ながら現実です。

この点から「がんにかかった場合は、手厚い保障を受けたい」と考える人が多いでしょうから、がんの場合に特化したがん保険に優先的に加入すると良いでしょう。「身近にがん患者がいた人ほど、社会復帰への危機感、がん保険への意識が高い」という感じを、私自身は受けています。

がん保険に加入した上で、余裕があれば医療保険へ加入するか、既に加入している生命保険などで医療特約をつけるといった方法も、検討する価値がありますね。

Q.がん保険を比較する前に必要なことは?

A.様々ながん保険を比較して、ご自身に合うものを選んでいくことは、とても大事なことです。
そのためには、生命保険、損害保険、そしてがん保険、医療保険など、保険には様々なものがあり、ご自身にとって必要な保障を、様々な保険でカバーすること、全体的に保険内容を見ることが大事、と知る必要があります。

ファイナンシャルプランナーなどに相談しながら、がん保険に必要とされるものを明確にし、その上でがん保険そのものの比較検討に入ると良いでしょう。

私個人的には「がん保険の資料を請求したい」と思ってから、一晩くらい置いて冷静になって、資料を請求してみるのが良いと思いますし、ファイナンシャルプランナーに事前に相談するのも良いでしょう。

このように落ち着く時間を持つほうが、がん保険の加入も勢いでしてしまうのではなく、冷静になれるからです。

Q.医療保険とがん保険の違いとは?

A.医療保険は、様々な病気や怪我に対して、広く浅く保障を受けることができ、がんの場合への保障も含まれているケースも多いです。

一方で、がん保険は「がんにかかった場合」に特化し、保障の範囲が狭いですが、がんにかかってしまった場合の保障は手厚いです。

がんの治療は、健康保険が使えない先進医療を受けたい場合があったり、転院して高度医療を受けたい場合なども出てきますので、治療費がかさむ傾向があるのです。

どちらも加入できるのが理想ですが「今、医療保険か、がん保険のどちらか一方しか、加入する余裕が無い」という場合には、がん保険に加入して、治療費がかさむリスクに備える、というのも良い方法かと思います。


HOME | 人気ランキング | 商品比較 | 保険料チェック | よくある質問 |  お役立ちリンク | サイトマップ