よくある質問 | 持病があっても入れる保険 - 引受緩和型 医療保険

持病があっても入れる保険 健康に不安のある方向けの保険情報をお届けします

よくある質問

持病があっても入れる医療保険の種類

持病があっても入れる医療保険には、いくつかの契約の方法があります。

無選択型医療保険」というのは、保険料が高くなることと、既往症については保障されないという注意点があることから、もし他のタイプの契約ができるのならば、そちらに切り替えるほうが得策と言えます。

告知緩和型医療保険」は、「現在、入院を医師より勧められていないか?」「過去2年以内に入院、手術がないか?」「過去5年以内にガンと診断されてないか?」などの条件をクリアすれば加入できるものです。
この条件は、保険会社によって異なりますが、無選択型医療保険に比べて、保障内容が充実しています。

医療保険で「病気部位不担保」の条件がつくタイプは、病気の部位を不担保とすることによって、医療保険に加入できるというものです。

また、医療保険で「保険料割増」をすることで加入できるものもありますが、保険料が二倍近くになるなど、かなり高額にのぼるケースもあります。

持病があっても入れる医療保険は、原則として通販型のものがありませんので、ファイナンシャルプランナーなどに相談しながら、どの保険が良いか選ぶようにしましょう。


HOME | 人気ランキング | 商品比較 | 保険料チェック | よくある質問 |  お役立ちリンク | サイトマップ